【警告】私も猫も病気になんてならないわっ、失礼ね。


そう思っていたらたいへんなことになってしまいました。

 

こんにちは、
猫の腸内環境を改善して免疫力を
アップする専門家、猫マスター
マッチーこと町野由布子です。

 

今は私も猫もみんな健康だし、
歳はとってきたけれど、きっと
大きな病気はしないでこのまま
元気でいられるにちがいない!

 

だから、生活習慣に気をつけたり
健康ケアはまだ先でいいはず。

とか

ちょっと体調不良になったときに
ケアを始めたらいいわよね。

とか

思っていたら、たいへんなことに
なってしまうというお話をします。

 

ちょっと考えるとすぐにわかる
ことなのですが、

 

現代は、3人に一人が癌になり、
7人に一人は痴呆症になる時代
なので、

 

癌にもならず、痴呆症にもならず
ピンピンころりで一生を終えられる
確率は、ものすごく少ないのです。

 

猫さんも同様に、
うちの猫は、命にかかわるような
病気には絶対にならないわ。
というのは、飼い主さんの希望で
はありますが、その願いが叶う
確率はとても低いです。

 

自分は大丈夫、
きっと癌にはならない
という根拠のない自信で、
毎日のケアを怠っていて、

 

体調不良で病院に行くように
なってからあわててケアを
始めても、

 

体の中で長い年月をかけて育った
病気の巣を自前の免疫力だけで
駆逐するのは、至難の技です。

 

おもちお腹.JPG

猫さんの場合は、もっとたいへん
です。

たとえば、FIPという病気は
猫さんの90%が体内に持って
いるコロナウィルスが
免疫力が低下した隙に、
突然変異して起きる病気です。

 

恐ろしいことに、
FIPを発症したら
現代の医学では治せない
致死率99%の病気です。

 

癌よりも恐ろしい病気なのに
猫の90%は、その可能性を
持っているんです。

 

エイズキャリアの猫さんも
白血病キャリアの猫さんも
免疫力が下がったら発症し、
発症したら治療法はないのです。

 

なのに、

 

頼みの綱の免疫力は、ちょっと
したことで低下してしまう
んですよ。

 

キャリアの猫ちゃんは、
下がった免疫力を自力で回復
させる力が弱いので、
どうしても飼い主さんの
ケアが
不可欠です。

 

キャリア猫さんだけではありません。

 

FIPに突然変異するコロナウィルス
は、あなたの猫さんも感染して
います。

 

免疫力が下がったらFIPが発症
するのに、元気なうちにケアを
しなくても大丈夫っていう自信は
どこから来るのでしょうか?

 

そういう私も、一晩徹夜した
くらいで病気にはならないわと
思っていました。

 

一晩の徹夜でアルツハイマーに
なる確率がぐっと高くなると
知って、初めて、徹夜はやめる!
と誓ったので、飼い主さんの
気持ちはわからないではない
ですが・・・

 

イラスト吐く猫.jpg

 

あなたも、あなたの猫さんも
ケアをしなかったら、今も
少しずつ体の中で病気の芽が
刻々と育っているのです。

 

病気の芽が病気になってしま
わないためには、小さな芽
のうちに摘んでしまうことが
肝心です。

 

猫の親養成講座は、
猫さんを美しいまま健康で
長生きしてもらうための
方法をお教えする講座ですが

 

飼い主さんが本当の意味で
猫の親になるには、ご自身が
病気にならないように自分の
体もケアできるようになって
いただいています。

 

病気になってしまってから
あわてても遅いのです。

 

元気なうちにケアをしなかったら
あなたの猫さんも必ず体調不良に
なるときがやってきます。

 

そのときに後悔してほしくない
のです。

 

あなたの猫さんには、元気で
20歳のお祝いの日を迎えて
いただきたいと思います。

 

プレゼントを贈る猫.png

 

「どういう育て方をしたら
20歳を美しいまま元気で
迎えられるのか教えて!!」
って思ったら、

このメールに返信で、
今日のメルマガの感想を
送ってくださいね。

info@1nyan.jp まで