猫がシャーして怒った瞬間に


体の中ではこんなことが起こります。

 

こんにちは、
猫の腸内環境を改善して免疫力を
アップする専門家、猫マスター
マッチーこと町野由布子です。

 

猫さんが怒ったり、イライラする時
体の中は、交感神経が優位
なっています。

スクリーンしゃーまろん.png

 

交感神経が優位な状態のときには

体が緊張状態にあって、いつでも
戦える臨戦態勢にあるのです。

 

そういうときには、筋肉が硬直して
血管が収縮し、全身に新鮮な酸素が
行き渡りにくいので、

 

長時間この状態が続くと、
免疫力が低下して
病気になりやすくなります。

 

猫さんが交感神経優位になるのは
ほかにも、こんなときがあります。

 

★新入り猫ちゃんが増えたとき

☆同居猫さんと喧嘩するとき

★病院に連れていかれるとき

☆お留守番の時間が長くなって
不安になってきたとき

★大きな音がしたとき

☆地震があったとき

★飼い主さんが体調不良になったとき

☆おもちゃで真剣に遊ぶとき

★同居猫と追いかけっこするとき

☆来客があったとき

★飼い主さんが泊りがけで留守
をしたとき

☆見知らぬシッターさんがお世話に
やってきたとき

 

まだまだありますね。

 

スクリーン怒るまろん.png

 

ほかにもどんなときに、
猫さんが交感神経優位になるのか
考えてみてください。

 

案外、毎日、交感神経が優位に
なる時間があることがわかる
思います。

 

交感神経優位になる時間がある
こと自体は悪いことではありません。

 

ただし、

 

それが長時間続いたり
毎日続いたり、
そして何より

 

交感神経優位な状態のときに
乱されてしまった腸内環境

ケアすることなく
放置してしまうことが
危険なのです。

 

明日はこの反対、
副交感神経優位だと猫さんの体
はどうなるのか?

 

続きをお話します。