猫の突発性膀胱炎の治し方


まろん校長、復調しました!

 

家の前の工事の騒音が原因で
突発性膀胱炎で血尿と頻尿に
なったまろん校長。

 

血尿が出た最初が、
8月29日に日付がかわった
ばかりの頃でした。

 

獣医師の先生のお話では、
血尿は2週間くらい続く
とのことでしたが、

 

7日目の今朝、
目で見る限り血尿は
なくなりました。

 

お薬も治療もなしで、
猫ヒーリングと遠隔ヒーリング
だけで1週間で回復しました。

IMG_0095.jpg
今日のまろん校長です。
顔つきも温和になりました。

 

膀胱炎の中で、
尿中に菌が検出されず
明らかな結晶や結石もない
場合、突発性膀胱炎と診断
されます。

 

原因は、ストレスと言われて
います。

 

なので、受けたストレスを
あとから帳消しにする
「猫のレスキューケア」が
有効なのです。

 

私がまろん校長に行ったことは、

 

(1)体の直接、手を触れて
行う猫ヒーリング

 

(2)頻尿、血尿で機嫌が悪い
ので、体に直接手を触れる
猫ヒーリングは短時間にして
遠隔ヒーリングの回数を増やし
ました。

 

(3)膀胱炎の原因の1つに
体内の炎症があります。

その可能性も考えて、腸内環境
を改善して白血球を元気にして
炎症を改善してもらうよう
よう、腸内環境改善サプリ
「クレオパトラの猫 納豆菌de
おなかも綺麗」を、健康維持の
量の3倍の量を与えました。

(4)尿中に少しストルバイト
結晶があったので、療養食を
勧めらました。

もらったサンプルで食べてくれた
ものを購入したのに、商品が
届くと、まったく食べてくれ
ません。

胃腸のヒーリングの回数と
時間を増やして、1日半、
大好物のちゅーるで
なんとか栄養を取るうちに
食欲が回復してきました。

結局、カリカリの療養食を
使わずに、もともと食べていた
水分の多い手作り食に戻し
1週間目の今朝は、いつもの
量を完食してくれました。

 

 

今回の突発性膀胱炎で
強く感じたことは、

 

もし、私が猫ヒーリングが
できなかったら、お薬も
治療もない中、ものすごく
不安だったと思います。

 

腸内環境改善サプリ
クレオパトラの猫が
あったのも、安心材料でした。

 

手作り食をしていたから
水分をたくさん取らせるのに
苦労しなかったのも助かり
ました。

IMG_0096.jpg

これらはすべて
「猫の親養成講座」でお教え
していることです。

 

講座を学ばれた生徒さんたちは
突発性膀胱炎のときに対処方法
は、全部、身につけていただい
てるので、いざというときに
助けにしてくださいね。

講座をまだ受講されてない方は

無料で公開中の電子書籍、
「猫ヒーリング」や
「猫のレスキューケア」を
ダウンロードして、
もう一度、しっかり読んでみて
くださいね。

もし、もっと詳しく知りたい
ことがあれば、
電子書籍中のフォームから
猫のお悩み解決個別相談会に
お申し込みください。