あなたは西洋医学派ですか?東洋医療派ですか?


マッチーのオススメはそのどちらでもないんです。

 

西洋医学も東洋医療も
結局は、病気になってから
もしくは未病の状態で行うもの
ですよね。

 

東洋医療では、自覚症状はあるが
検査では異常がないことを未病
いいますが、

 

何らかの自覚症状はある状態で
あって、どこも悪くない健康な
状態のことではないのです。

 

AdobeStock_302141495.jpeg

 

漢方だって、出ている症状に
合わせて処方されます。

まったく自覚症状がないのに
漢方薬は処方されないですよね。

 

何らかの自覚症状があって、
このままでは病気に向かっていく
予備軍のことを未病といいます。

 

つまり

 

西洋医学も東洋医療も、
何かしらの体調不良が出た地点
から開始されます。

 

しかし、

 

マッチーが猫の親養成講座で
教えているのは、

 

本人も本猫さんもまったく自覚が
ないけれど、細胞レベルでは
小さな変化が始まっている状態
のときに始める細胞ケアです。

それが免疫学理論に基づいた
猫のレスキューケアです。

 

AdobeStock_188676753.jpeg

全く新しい理論ではあるのですが
基本に忠実なケアでもあります。

猫の免疫学理論に基づいた
このおうちケアで、

病気で亡くなる飼い猫ちゃんを
限りなく0匹にしたい
今年も活動していきます。

 

猫の飼い主さんの応援、
今年もよろしくお願いいたします。