予兆なしに突然死はしない!


たけしの「本当は怖い家庭の医学」ごらんになりましたか?

 

今夜の放送で、すごいヒントをもらいました。

 

人は、突然死までに何回か
死と生の分かれ道があるのだそう
です。

 

つまり、

 

病気が発症する前のサインが何回か
あって、それにいち早く気づいて
対処すれば、命を落とさずに済む

 

ということなんです。

 

それをサインだと認識さえすれば
人は突然死を自分で防ぐことが
できるわけです。

 

では、猫ちゃんは?

 

猫ちゃん自身は、
「いつもとなんか違う」という
ことは、ちゃんと認識していて

 

そのことは、猫ちゃんの様子が
ほんの少し、いつもと違う
というサインで現れます。

 

猫ちゃんを突然死や病気から
守る方法は、

 

「ほんのちょっとした
いつもとちがうサイン」に
気づいてあげて、
すぐに対処すること

です。

IMG_0527.jpg

実は、うちのまろん校長に
数日前から、サインが出ていて
ちょっとしたすったもんだが
ありまして、

 

今、経過観察中なのです。

 

写真は今夜のまろん校長です。

 

今はかなり落ち着いてきましたが
最終的に診断がつきましたらお話しますね。

 

猫ちゃんの体調不良に
いち早く気づいていただく場合の
ご参考になるかと思います。