マッチー家の悲劇とその顛末


コロナ自粛のこの時期にトラブルは重なるものです。
果たしてマッチーは切り抜けられたのか?

 

緊急事態宣言が出るよりも前から
自主的に実験的に不要不急の外出を
控えていました。

 

車で買い物に出ることはなくなり
2ヶ月近く車を使わなかったら
・・・

 

エンジンがかからなくなりました。
バッテリー上がりです。

 

まだ緊急事態宣言中ですから
JAFを呼んでエンジンかけてもらって
も、運転しなかったらまただめに
なるので、

 

解除されてからでいいわと思って
そのままにしておいたのでした。

 

とはいえ、

 

もし家族や自分が熱が出て、
車で病院に行かなくてはならない
ときにはどうしようかと内心、
心配はしていました。

 

そしたら、

 

数日前、

 

まろん校長が、トイレに入ったまま
10分たっても出てこない姿を
目撃してしまいました。

 

膀胱炎か尿結石の可能性があります。

 

ストルバイト結晶程度なら緊急性は
少ないのですが、

 

結石が尿管に詰まっておしっこが
出ない状態だと、そのままでは
尿毒症の危険があるので
放ってはおけません。

 

膀胱に尿が溜まっているか触診
してみたところ、溜まっている
感触がありました。

 

さて、どうしたものか・・・

 

動物病院に連れていく必要がある
と判断したのですが、

 

運悪く、その日は大雨が降っていて
徒歩で病院に連れていくことは
できません。

 

車で行くなら、バッテリーあがりを
なんとかしないとならないですが

 

JAFにエンジンをかけてもらっても
それから充電できるまで1時間
くらいはエンジンを止めることが
できないから、

 

動物病院の診察終了時間に
間に合うかギリギリです。

 

迷っている時間がないので
JAFに来てもらいました。

バッテリーあがり.png

しかし、コロナ感染の危険がある
この時期なので、JAFの方との対応に
苦慮しました。

 

うちには万一、感染したときのために
防御服1式備蓄はありますが
そんなかっこうで表に出たら
ご近所さんが心配されるので、
そこまですることはできず。

 

使い捨てではないロング丈の
レインコートを着て、
N95マスクとゴム手袋をして
対応することにしました。

 

JAFのおじさんはとてもいい人だった
のですが、マスクをした状態で
大声で話されるし、

 

私がソーシャルディスタンスを
取っているのに、だんだん私に
近づいてこられるので

 

「この時期なので、お互いのために
距離を取りましょう」
お願いしました。

3369834_s.jpg

 

バッテリーの状態がかなり悪い
らしくて、取り替えると
8000円するのと

 

バッテリーが上がったのが原因で
キーが作動しなくてドアが開かない
ので、作業が二重になるから

 

会員でも作業代が発生するとのこと。

 

動物病院の駐車場でまたエンスト
したら帰ってこれなくなるので
バッテリー交換をお願いすることに
しました。

 

けっこう作業に時間がかかり、
診察終了時間が近づいてきて
ハラハラです。

 

しかも、

 

病院に電話したら、
「今日はかなり混んでます」
というお話。

 

先日のメルマガに書いた
「動物病院が大混雑してます!」の
記事がまさに、現実に!!

 

N95マスクをしてメガネをかけて
目からの感染予防をしてるので
メガネが曇ってよく見えないし

着ているレインコートは汚染して
可能性があるわけですから
室内に戻っても、椅子に座ること
もできず、立ちっぱなし。

 

病院に行く前から
疲れて本当にたいへん!!

 

さて、無事にエンジンがかかって
動物病院に行けたのか?

まろん校長は無事なのか?

IMG_7708.jpg

 

明日に続きます。