なぜ猫の飼い主はコロナウイルスを勉強しないといけないのか?


動物から人への新型コロナの感染ケースがありました。

 

オランダのミンク養殖場で
ミンクから従業員が新型コロナに
感染したという報告がありました。

そのミンクがどういう経路で感染
したのかは書かれていませんので
わかりません。

養殖場の周辺の野良猫から
新型コロナウイルスが検出された
ということも書かれています。

この情報から、
「猫から人に感染するかも。
どうしよう・・・」
って不安になったり慌てる必要は
全くないので、その根拠を
お伝えしますね。

 

世界中でこれだけ多くの人が
新型コロナに感染をしているのに
動物から人への感染の報告は
ほんの数例しかありません。

 

確率的に非常にまれと言えます。

 

それよりも人から人へ感染する
ほうがずっとずっと確率が高いので
今までどおり、人から人への感染を
予防するのと同じように、清潔を
心がけて予防をしていただくことが
大事です。

 

人から猫への感染は、世界で
何例か事例があるのと
動物実験の結果があります
ので、猫は、新型コロナに
感染しやすいとは言えるでしょう。

 

ミンクとフェレットは同じ
イタチ科イタチ属の動物です。

 

フェレットの飼い主さんも
ちょっと気をつけられるとよい
かもしれないです。

 

猫ちゃんが感染して人にうつす
ことはまず心配無用ですが、

 

猫ちゃんが毛にウイルスをつけて
撒き散らすのではないかという
ことについて、
獣医師の先生が見解を述べて
おられます。

 

新型コロナウイルスは飛沫感染が
認められますが、
もし猫の毛にウイルスの飛沫が
くっついたとしても、
毛はすぐに水分を吸収してしまい
ウイルスが裸になってしまうので、
それほど長い時間、生きている
ことができないというお話です。

 

ご心配ならば、毛をいつも清潔に
保ってあげるとよいです。

 

うちでは、毛に弱酸性電解水を
噴霧してタオルドライでしっかり
乾かしてます。

 

猫ちゃんから猫ちゃんには感染
しやすいことが実験でわかっています
が、症状は全く出なかったとのこと
です。

 

最後に、

もしも万一、猫ちゃんが新型コロナに
感染してしまうようなことがあったら
どうなるかについて、情報を共有します。

 

猫が新型コロナに感染したかもしれない
と飼い主さんが心配して、
動物病院に連れていっても、
PCR検査は受けられません。

 

もし感染がわかったとしても、
新型コロナの治療法はないし、
猫は症状が出ないので意味がありません。

 

どういう場合に猫がPCR検査を受けるのか
というと、

飼い主さんが感染して濃厚接触している
可能性があって、感染しているのなら
猫を隔離して感染拡大を防ぐ必要がある
場合です。

 

猫が新型コロナにかかっていたら
すぐに入院治療して治してあげる、という
目的ではないのです。

 

以上のように、これまでどおり
正しく予防をしていただいていれば
むちゃくちゃ心配することはない
と思います。

 

ただ、

 

猫ちゃんは、わんちゃんよりも
新型コロナウイルスに感染しやすそうだ
ということは、なんとなくわかって
きている感じなので、

猫の飼い主さんは、ご自身が感染しない
よう、これから先も長い期間、
予防に努めていただきたいと思います。

 

コロナウイルスのことを勉強しようと
思ったら、この電子書籍をお読み
くださいね。

コロナウイルスだって怖くない!
「猫が病気になる前に読む本」
https://neco-navi.com/?page_id=2117/?mm

 

今日は、まじめなお話が長かったので
最後に、うちの猫たちの写真を1枚
お届けします。

同時腎臓ヒーリング.JPG

この写真がどういう写真なのかは
次の機会に詳しくお話しますので
楽しみにお待ちくださいね。