私は実は飼い主失格でした・・・


初代の猫には申し訳ないことをしてしまったのです。

こんにちは、
猫の腸内環境を改善して免疫力を
アップする専門家、猫マスター
マッチーこと町野由布子です。

 

初めて自分が飼い主になったのは
25年前のこと。

 

バセットハウンドという、
よりにもよって初心者には
飼うのが難しい大きな犬を
飼い始めました。

 

垂れ耳で胴長で短足という
かわいい姿をしていますが
どれもみな、健康上の問題を
引き起こす形状なのです。

バセット.jpg

 

予防のケアを知っていて
行ってあげることでやっと
健康体を維持できるのですが

 

初めて犬を飼った私には、
全く気づかなかったことでした。

 

まだインターネットも普及する
前のことで、情報もありません。

 

病気にならない事前のケアも
強い体に育てる方法も知らなくて、

 

病気になる

病院に連れていく

「なんでこんなになるまで
連れてこなかった?」
と先生に叱られる

入院

手術

後悔と反省で落ち込む

 

こんな病気の後追いを
3回繰り返しました。

 

次はいつ病気になるのかと
いつもびくびくしていました。

 

結局、病気になっては病院に
連れていくの繰り返ししか
できなかったのです。

 

しかし、
同じ時期に飼っていた猫は、
16歳まで、予防注射以外で
一度も病院に行ったことがない
猫でした。

ソマリ.png

きっと、この超初心者の飼い主の
ところに、飼うのがむずかしい
猫が行ったら、猫がかわいそうだ
という神様のご配慮だったので
しょう。

 

その代わりに、私は、
大きな
大きな誤解
することに
なって
しまいました。

 

次回に続く・・・