手作りちゅーるの作り方


猫の下部尿路結石予防には水をしっかり飲ませること。
その方法の1つが水分たっぷりちゅーるをあげることです。

 

先日の投稿では、猫の下部尿路系
疾患の予防には、
水分をしっかり摂取してもらうこと
と書きました。

 

どうやってお水を飲んでもらうか
その方法の1つが、ちゅーるを使う方法です。

 

たいていの猫ちゃんが大好きな
ちゅーるですが、
これを2倍から3倍のお白湯で
うすめて与えてあげる方法があります。

 

ただ、ちゅーるは成分が
どういうものを使っているか
わからないから、ちょっと
不安という飼い主さんは、

 

手作りちゅーる
に挑戦してみてはいかが?

 

簡単な作り方の場合は、
鶏の胸肉を蒸して
出てきたスープも一緒にして
フードプロセッサーで
細かくくだきます。

 

それを、
かつおぶしでとった出汁で
薄めるだけ。

 

そこにお白湯を加えて
水分たっぷりにします。

 

もっと手を加えて本格的に
作るなら
和食の料理人さんが作った
レシピもあります。

 

(本体の材料)
マグロのお刺身
うさぎ肉
ラム肉
シャモ肉
ツナ
のうち、肉は焼いて火を通して
マグロとツナはそのまま
フードプロセッサーで砕く。

(出汁の材料)
トビウオのアゴ
鰹節
ホタテの干し貝柱
うさぎの骨
ラムの骨
シャモの骨
で出汁をとって
本体と一緒に
フードプロセッサーで混ぜる。

 

和食の料理人さんのレシピだから
手に入れにくい材料もあるけれど
他の材料で代用もできるし、

 

大量に作って冷凍しておけば
毎日解凍して、水分を足して
ちゅーるスープにして
あたえてあげられますね。

 

IMG_9118.JPG

写真は、ちゅーるをあげる専用の
スプーンでちゅーるを取り合う
うちのまろん校長とおもちです。