まろん校長、開腹手術しました(;;)


緊急に開腹手術になってしまいました。

 

マッチーは、猫ちゃんを
病気にならない強い体に育てる
ニャンズケアを教えています。

 

ニャンズケアでは、
病気を未然に防いだり、
病気の回復を早めたり、
怪我を早急に回復させる
ことができます。

 

しかし、

そんな私にもできないことが1つあります。

 

それは、

 

物理的に猫の腸に毛玉が詰まるのを
未然に防ぐこと。

 

通常、猫は胃の中の毛玉を
吐き戻しできるのですが、
運悪く、
毛玉が食道とは反対側の十二指腸に
詰まってしまうと、
もう開腹手術で取り除くしか
ありません。

 

まろん校長は、
定期的に大きな毛玉を吐けていたし、
◯んちからも毛が出ていたのに、
それを超える量の毛玉が
胃に溜まっていたようです。

 

とぐろのような大きい毛玉3本は
自力で吐けたのですが、
もう1本が運悪く十二指腸側に
行ってしまったと思われます。

まろん毛球症毛玉2つ.JPG

これがまろんが吐いた毛玉。
◯ンチではないんですよ。

 

何でも食べる食いしん坊の
まろん校長なのに、

その日の夜ごはんを半分残し、
翌日の朝には、チュールしか
食べなくなり、
夕方には、チュールも受け付けなく
なったので、すぐに病院に連れていって
バリウムを飲ませました。

 

翌朝一番でレントゲン検査で
バリウムの状態を見てもらったら
胃から腸へまったくバリウムが
流れてないことがわかり、
午後から緊急開腹手術になりました。

 

手術するとなったら、
ここからは「ニャンズケア」
の出番
です。

◯手術前の体力強化のための
遠隔ニャンズヒーリング

◯手術中の生きる力をサポートする
遠隔ニャンズヒーリング

◯術後の開腹を早める
遠隔ニャンズヒーリング

を、何回も行いました。

 

手術の結果は次のメルマガで
お知らせします。

 

再発防止のためには、
全身「マルガリータ」しかないので、
記念に長毛のまろん校長の
立派な毛並みのお写真を載せますね。

美まろん1230のコピー2.jpg