猫のカリカリと宇宙食、どっちが好ましい?


カリカリってアポロが月面着陸した頃の宇宙食より好ましくないのです。

 

アポロ11号が月面着陸したのは
1969年でした。
テレビ中継を見ていた記憶が
ばっちりあるマッチーです(笑)

 

宇宙飛行士が食べた食事は
フリーズドライ方式です。

 

なのでおいしくはないけれど
栄養分はしっかり残っています。

 

猫のフードも、高くて品質のよい
ものは、フリーズドライ方式で
作られています。

 

日本で手に入る銘柄は2種類ほど
しかありませんし、
とっても高いです。

 

普通のカリカリは、
フリーズドライよりもはるかに
好ましくない製造方法で作られるので
栄養分はほとんど残っていません。

 

食物のかすのような状態なので
そこに必要な栄養をあとから添加
して作ります。

 

そんなこと、人間じゃありえません。
宇宙食だってそれよりはるかにまし
だったと思います。

 

一番の理想のご飯は手作り食ですが
手間がかかるだけでなくて
猫ちゃんが食べてくれないという
問題もあります。

 

なので、ニャンズケア講座の
ニャンズご飯に授業では、

 

ならば、

 

トッピングから始めてみては?
と提案しています。

 

トッピングも、カリカリに混ぜて
しまうとカリカリも食べなくなって
しまう子もいます。

 

うちのおもちがそうです。

 

なので、

 

カリカリと手作り食は分けて
お皿に盛りつけたり
別々のお皿に入れたり
工夫をしています。

 

それでも、

 

新しい素材をあげるときには
拒否されるかな?とちょっと
気が張ります。

 

昨日は、初めて
北海道のからすカレイの素焼き
をあげました。

 

けっこう小骨があるから
取り除くのに時間がかかって
手間なんです。

 

それなのに、

 

おもちは見向きもせず
カリカリだけを食べました。

 

やっぱりだめか。

 

初めてのものには抵抗が
あるんだなと思って、
お皿をさげて、
1時間くらいした頃。

 

なんだかお腹がすいたという
ようなアッピールをするので
さっき下げたからすカレイの
お皿を持ってきてあげたら

IMG_1169.JPG

ガツガツと食べ始めました。

 

???

さっきの拒否はなんだったのか?

 

ほかの2匹は、手作り食大好き
なので、匂いをかぎつけて
すぐに横取りにやってきました。

スクリーンショット 2020-12-08 19.21.42.png

その2匹に取られないよう、
ガードをしてやっている間に
完食しました。

 

今、手作り食のトッピングに
挑戦中の飼い主さん。

 

この食材は食べないのねという
先入観を排除して、
時間をかけて、
何度でも、
工夫をしてあげてください。

 

飼い主さんが諦めたら
お し ま い で、th。(笑)