連休中にできる猫の体チェック方法


ステイホームで時間があるときにこそ、普段できない猫ちゃんの体を隅々までチェックしてみませんか?

 

もしも

猫ちゃんに毛が生えてなかったら
もっと早く気づけるのだけど
毛があるから
気づいてあげるのが遅れてしまう
ことがあります。

 

それは皮膚表面に現れた不調です。

 

腸の壁と皮膚の表面は1枚の皮で
つながっています。

 

腸内環境が悪くなると、
一番最初に、皮膚に
サインが出ることが多いのです。

 

なのですが、

毛があるから目で見るだけでは
見つけてあげにくい。

IMG_4946.JPG

 

その初期のサインを見逃さずに
キャッチできたら、
それは、腸内環境の悪化を初期に
見つけられたということになります。

 

さて、では、具体的にどうやって
チェックするかというと・・・

 

体を触らせてくれる猫ちゃんであること
が前提ですが、

 

1)短毛猫ちゃんも、毛をかき分けて
しっかり皮膚の状態を見る

IMG_4945.JPG

 

2)自分の指先に神経を集中させて
体のすみずみまでくまなく触る

 

3)手足の太さで左右差がないか
目で見てチェック
触ってチェック
(腫れがあったり痛みがあると 
左右差があります)

 

ちょっとした膨らみとか
皮膚を掻いたあとにできた傷とか
がないか、よーくチェックしてください。

 

ふだん、
毛の表面をなでなでしているだけでは
なかなか見つからないので、

 

皮膚の表面を触る気持ちで
やってみていただくとよいですね。

 

アレルギーでかゆかゆが出る子
早めに気づいてあげると
ひどくなる前に対処してあげられますよ。

 

うちのあんこ先生は、春先に
首の周りにだけひっかき傷を作るので
早めに見つけてひどくならないように
してます。