猫ちゃんが劇的に変わってくれました!


猫ちゃんからのSOSに気づいて
猫ちゃんのカラダのことを学んだ
飼い主さんの猫ちゃんたちは、
こんなに変わってくれています!!

 

猫エイズが発症してしまった猫
ちゃんに、ニャンズケアを始めた
新潟県のTさん。

「エイズが発症してひどいよだれが
だらだら出て、口内炎が痛くて
ご飯が全く食べられなくなって
しまい、余命宣告まで出てしまった
ときから、ニャンズケアを始めました。

うちの猫の状態に合わせて
マッチー先生に教えてもらった
方法を1つ1つやっていくと
よだれがすっかり止まり、
口臭も減ってきて、何よりも
食欲が戻ってくれて、
今は、元どおりになって
もりもりご飯を食べてくれます。」

 

Tさんには、
口内環境と腸内環境を改善する
ニャンズケアを毎日やってもらいました。
食欲が戻りつつあるころから
手作りスープも与えてもらっています。

 

猫エイズ発症に伴う難治性口内炎は
治りにくいのですが、
口内ケアと腸内ケアを併用することで
めきめきとよくなってくれました。

 

ひどい便秘で4〜5日に1回しか
排便がなかった猫ちゃんが
ニャンズマッサージと
ニャンズヒーリングで快便になった
大阪府のSさん

「うちの猫はひどい便秘で
療法食にしてもだめで摘便して
もらうことも何度もありました。
ニャンズケアで腸内環境を改善して
腹筋の緊張をゆるめるマッサージも
したら、すぐに効果が出ました。
今は2日に1回排便してくれます。」

 

Sさんの猫ちゃんは、
なんでも食べる食欲旺盛な子なので、
便秘は辛かったと思います。

 

排便がスムーズにいくようになった
ので、手作りスープやご飯の改善で
ダイエットにもトライしてもらって
います。

 

うちの猫は体を触るとすぐに怒ったり
逃げたりするから、マッサージは
あまり好きじゃないと思い込んでいた
埼玉県のMさん

肋骨付近の筋肉のニャンズマッサージ
をZOOMで実習していたときのことです。

 

「先生!ちょっと見てください!!
この子、触られるのが好きじゃなくて
すぐ逃げる子なのに、
このマッサージが好きなのかな?
ずっとじっとしてやらせてくれてます。
こんなの見たの初めて!」

 

そこの筋肉が凝って痛みがあって
辛かったのだと思います。

 

猫ちゃんはがまん強いので、
少しぐらいの痛みはSOSサインを
出してくれないこともあります。

 

Mさんは、
「猫の外見からはわからない
猫の筋肉のコリがあるんですね。
ニャンズマッサージで猫の痛みに
気づいてあげられてよかった!」
と感想を教えてくれました。

 

ニャンズケアをしてあげて
すぐに効果が出る子や
半年後に変わって
くれる子など
個体差はありますけれど、

全く変化がなかった猫ちゃんは
いません。

 

元気そうに見えてる子も
本当の意味で「健康」になってくれています。