お引っ越し時の猫のストレスを最小限に抑える方法


3月はお引越しのシーズンですね。

 

猫ちゃんにとってはストレスが
とても大きいので、飼い主さんも
ご心配のことと思います。

sozai_image_136034.png

ところで、
なぜお引越しがストレスなの?
と疑問に思ったことはありませんか?

 

実は、

 

住む場所が変わることが苦手という
わけではないのです。

 

猫は家につくと言われているのには
別の理由があります。

 

猫ちゃんは、
「いつもと違うこと」すべてに
緊張を感じます。

これは、群れで生活していた犬との
大きな違いで、
猫は単独行動をする動物なので、
我が身は自分ひとりで守らなくてなりません。

なので、
自分を守るために野生の本能で、
いつもと違うことに対して
常に緊張感を持っています。

 

慣れない場所にお引っ越ししたら
危険はないのか?
安全なのか?
緊張して身構えますよね。

緊張すると、体は交感神経優位な状態
になりますから、血管が収縮して
血流が滞ります。

体の細胞に、十分の酸素や栄養を
行き渡らせなくなるので、
免疫力の低下や腸内環境の悪化が
起こります。

野生で暮らす外猫ちゃんの寿命が
短いのは、
交通事故などの理由もありますが、

常に交感神経が優位な状態の中での
暮らしなので、腸内環境が悪く、
免疫力も低下しがちという理由も
あります。

では、

引っ越し前後に猫ちゃんたちに
どんなケアができるかというと・・・

 

私が主宰しているニャンズケア講座
の生徒さんたちが、引っ越しをする
ときには、引っ越しの前から
腸内環境を万全に整えるために、

1)腸内環境改善の目的の
サプリメントの量を増やす。

2)ニャンズヒーリングで免疫力を
万全に整えておく。

 

そして、引っ越し後は、

1)2)に加えて
緊張で硬くなっている全身の筋肉を
ニャンズマッサージでほぐして
もらっています。

お引っ越しでストレスがかかっても
そのストレスが体調不良につながる前に
おうちケアで対処してあげると、
お引っ越しのストレスを乗り越える
ことができますよ。

 

すぐにニャンズケアをして
あげられない場合には、

落ち着く場所を布で覆って暗めに
してあげて、
その中に温熱マットを敷いたり、
お湯をペットボトルに入れて
タオルで包んだものを入れてあげて
体温を下げない工夫をしてあげてください。

飼い主の皆さんもご経験があるかと
思いますが、
緊張すると手先が冷たくなりますよね。
それは全身の血流が悪くなるからです。

緊張しているときに、体を温めると
ホッとしますよね。

物理的に体を温めてあげることで
猫ちゃんの筋肉を緩めて、腸内温度を
あげて、免疫力の低下を最小限に
抑えてあげてくださいね。