思わず教えてあげたくなる猫ケアの真髄


SNSで飼い主さんのこんなつぶやきを読んで、声を大にして教えてあげたくなりました!

 

「ふと触った○○ちゃんの耳が
膨らんでる?
今日は主治医がお休みだったけど
急いで別の病院へ・・・

耳血腫でした。
いつからだったのか
気づいてあげれなくて
ごめんよー」

 

細菌感染やダニが原因の場合もあるけれ
ど、原因が明らかでないケースも
多いのです。

 

いつからこうなってたのか気づくこと
ができなかった自分を責めてしまう
飼い主さんの気持ち、痛いほどわかります。

 

うちの猫には、
こんなことにはなってほしくない、
できることなら、
ちょっとした体調不良に
いち早く気づいてあげたいと
思いませんか?

 

病気の90%は、
腸内環境の悪化が原因で起こっています。

 

体調不良が飼い主さんの目で確認できる
ようになるまでに、
体の中で病気の芽が育っています。

なので、
飼い主さんが気づいたときには、
すでに、腸内環境はひどく悪化していて
免疫力も低下しているのです。

 

では、
どうやったら、猫の体調不良が
目に見える前に対処してあげられるか?

 

すごく簡単です!

 

飼い主さんが、このことを
知っているかどうかの違いで、
猫ちゃんの未来が大きく変わります。

 

たまたま見かけたこのSNSのつぶやき
ですが、
このことを知っていたら、
気づいてあげれなかった後悔を
することはなくなるのに・・・
と思います。

 

続きを近日中に書きますね。