後悔しない猫の健康ケアのやり方


「こんなになるまで気づいてあげ
られなくてごめん」
って猫ちゃんに謝ってしまったこと
ってありませんか?

 

かくいう私も、かつて、大昔、
わんちゃんを飼っていたことがあって
体調不良をいち早く気づいてあげる
ことができず、病気の後追いになって
しまって、ごめんね・・・と
申し訳ない気持ちになったことがあります。

 

病気になるよりも先に手を打つことが
できるようになると、飼い主さんの
気持ちに余裕が持てるので、
猫たちとの日々の暮らしが本当に楽しくなります。

 

小さな体調不良にいち早く気づく方法
は、それほど難しいことじゃないんです。

 

猫の体は毎日色々なストレスを
受けています。
そのストレスが原因で体の中で
さまざまな体調不良の芽が育ちます。

 

それに対して、何もケアをしないで
放置してしまうと、病気になります。

 

この悪いサイクルを断ち切るために
毎日、おうちケアをしてあげることが
大事です。

 

馬は、毎日、カラダのブラッシングを
するお世話が必要なのですが、
ブラッシングは、皮膚のケアのためだけ
ではなくて、
カラダの隅々まで変化がないかの
細かいチェックのために行って
いるのだそうです。

 

これは、猫の健康ケアにも言えること
なのです。

 

「毎日カラダの隅々までチェックをする!」

こんな簡単なことなので、
やらないのはもったいないです!

 

「いつからこんなことになっていたの?」
と後悔することになるのは、
たま〜にしかチェックをしないから
これだけのことです。

 

毎日、ごはんをあげない日がないのと
同じように、
毎日、カラダのチェックをしない日も
ないようにしてあげたいですね!

 

ほかにも、
毎日チェックしておくとよい項目は、

 

ごはんを与えた量と食べた量
飲水量
見た目の様子 など

 

チェックをしたら、メモをして
記録に残すことも大事ですよ。

 
メモに記録してあると、病院で
先生に説明するときに診断の手助けに
なります。