あなたの猫ちゃんの筋肉は、触れますか?


実は、筋肉に触れるとそれは◯◯◯筋肉なんですがご存知でしたか?

 

こってない筋肉は、本当は
ふにゃふにゃ過ぎて触っても
わからないんです。

 

なので、筋肉を触れるってことは
それは、硬くなって
「こった」筋肉ということに
なります。

 

生まれたばかりの赤ちゃんって
腕を触ってもふにゃふにゃしてて
どこに何筋があるってわからない
ですよね?

 

それは、筋肉がこってなくて
ふにゃふにゃだからなんです。

 

理想の筋肉は、生まれたての
赤ちゃんのような筋肉です。

 

猫も生まれたての子猫は、
体のどの筋肉も柔らかくて
触っても筋肉の形がわかりません。

 

大人猫になるにつれて、筋肉が
硬くなってきて、パツパツの
箇所ができてきます。

 

この筋肉をいつまでも柔らかく
保ってあげられるのが、
猫の親養成講座でお教えしている
筋肉・骨に直接アプローチする
猫マッサージです。

 

今日は、猫の親養成講座で
猫マッサージの授業でした。

授業ZOOM.JPG

モデルにゃんを務めてくれた
生後1年のおもちは、抱き上げる
とその瞬間に、全身の筋肉を
脱力させてくにゃくにゃに
なります。

 

筋肉が柔らかいので
触って探しても
「ここが上腕筋」とか
「ここが菱形筋」とか
わかりにくいんですね。

 

猫マッサージの授業では
菱形筋を一瞬で緩める方法
とか
胸骨頭筋をサッと柔らかくする
方法などをお教えしてます。

 

生徒さんからは、どの方法も
あまりにも簡単に
筋肉が柔らかくなるので
面白くてやめられない〜と
いう感想をいただきますよ。