飼い主さんがビビったらバレます


猫ちゃんが体調不良の時に、心の動揺を見せちゃだめな理由は・・・

 

猫ちゃんは
「いつもと違うこと」
にとても敏感です。

 

猫は、
言葉が理解できない代わりに
飼い主さんの声のトーンや
表情や行動からたくさんの
情報を取り入れています。

 

病院の先生に診断結果を
聞いたとたんに、
飼い主さんが心配のあまり
不安そうな表情をしたり、
深刻なトーンで会話をしたり
すると、

 

猫ちゃんは、
「えええっ?俺ってそんなに
深刻な病気なの?」って
不安になって、
さらに体調不良になって
しまいます。

 

治るものも治らなくなって
しまいます。

 

マミーあくび.jpg

 

そこで、

 

猫ちゃんが体調不良になったら
まず真っ先にやることが、

 

飼い主さんが動揺を見せない
ことです。

猫ちゃんの病状の説明、
治療方針の説明、
手術が必要とか、輸血が必要とか
治す手立てがあるのかどうか
顔色ひとつ変えずに、
聞ける自信がありますか?

 

なかなか難しいですよね?

 

これができる飼い主さんは
少ないと思います。

 

そんなときに、さっとその場で
自分を落ち着かせる技術があったら
重宝すると思うんです。

 

動揺しているときには、自分で
自分をブロックしていることが
あるんです。

 

マインドブロックバスターの
ブロック解除で、何か自分の
行動の障害になっていることを
取り除くことができるんです。

猫ちゃんの飼い主さんが
マインドブロックバスターの
ブロック解除が自分でできる
ようになると、

 

猫ちゃんが病気のときに
不安にさせることなくなり、
逆に安心してもらえるように
なります。

 

さっと、その場で、簡単に
自分の心のブロック解除できると
飼い主さんと猫ちゃんとの
毎日の生活が快適になる
思うんです。

 

おもちあくび.png

 

そこで、私、マインドブロック
バスター講座を受講して、
このことを自分で実証したいと
思っています。

 

私がバスター養成講座を受講する
ときに、一緒に受講してみたい
読者さんは、メールでマッチーに
ご連絡ください。
詳細をお知らせします。

 

ちょっとでも気になったら
問い合わせ、してくださいね。

 

マッチーと一緒にじゃなくて
別の機会に受けてみたいという
方もお問い合わせください。

 

別日程で、東京や大阪
受けていただけますよ。