すごい量のお薬を1分で投薬できる熟練の技術


いやがる猫ちゃんに簡単にお薬を飲ませられる飼い主さんにお会いしました。

 

生まれたばかりのときに目やにで
目が開かず、お母さん猫において
いかれた赤ちゃん猫ちゃんが
17歳になりました。

 

甲状腺、腎臓に不調が出て、
ステロイドや腎臓のお薬、
リンを抑えるお薬を毎日
飲ませてくださっている飼い主さん
が、マッチーの猫のお悩み解決
個別相談会にお越しになりました。

 

ご相談は、内臓の不調のことでは
なくて、最近、高いところに
ジャンプできなくなってきたから

 

マッチーのメルマガでご紹介して
いる猫マッサージをしてあげたら
猫ちゃんがとても気持ち良さそうに
してくれてるので、もっと知りたい
と思って、参加されたそうです。

 

IMG_0228.jpg

 

これまでたくさんの飼い主さんに
個別相談会でお会いしていますが

 

あんなにいっぱいのお薬を毎日
わずか1分であげられる飼い主
さんに初めてお会いしました。

 

私もマミーちゃんの投薬で苦心
してるので、やり方を動画で
見せていただきました!
すご〜い!!

 

この飼い主さんは、
ほかにもいろいろたいへんな
お世話の中で、ご自分のお身体の
ことを振り返る余裕がなかったと
おっしゃっておられました。

 

きっと一生懸命お世話をなさって
いて、それがたいへんなことだと
気づかれてなかったのでしょうね。

 

私も4匹の猫たちそれぞれのケアは
当たり前になっているので、
たいへんという思いがありません。

 

でも、泊りがけで出張するときに
留守を頼む家族やシッターさんに
猫たちのお世話の方法を説明して
いてふと気付きました。

 

あら、私、毎日、けっこう面倒な
ことを、たいへんと気づかずに
やっているのね。と思いました。

 

猫ちゃんを病気にならない強い体に
育てるためには、まず飼い主さんが
健康でいることからスタートです。

 

猫の親養成講座でお教えしている
免疫学理論では、飼い主さんが健康
でありつづける方法もお話して
います。

 

飼い主さんが元気でないと
猫ちゃんはそれを敏感に感じ取って
それがストレスになり、体調不良の
原因になってしまうからなんです。

 

猫ちゃんのために、飼い主さんが
病気にならない強い免疫力を手に
いれる方法を、猫の親養成講座で
身につけていただけるのが、私に
とって一番の喜びです。

 

猫ちゃんの健康も
飼い主さんも健康も
サポートさせていただけるこの
お仕事が私の天命と思って
おります。