自宅の猫がツンデレで落ち込んでます・・・


気難しい猫のトリセツがあればいいなぁと思いませんか?

 

ハワイラナイ島の猫ちゃんたちは
もともと島の中で自由きままに
暮らしていた野良猫ちゃんですが

スタッフさんの献身的なお世話で
すっかり人馴れしていて
本当にフレンドリーな猫ちゃんたち
がいっぱいでした。

 

IMG_5108.JPG

しゃがんだとたんに
椅子にすわったとたんに
ワラワラと猫たちが集まってきて
背中に飛び乗ったり、
お膝の上を奪い合って乗ってきて
くれたりしました。

 

それなのに・・・

 

帰国後、うちの猫、とくに
気位の高いまろん校長はご機嫌
ななめで、なかなか私に近寄って
きてくれず、無理に抱っこすると
シャーと威嚇されてしまいます。

IMG_5107.JPG

まろん校長の顎の下を
ナデナデしていたら突然機嫌が
悪くなって噛まれました(;;)

 

かと思うと、
気分が乗るとまろんのほうから
「お前の部屋に行ってやるから
ほれ、俺様の首をマッサージしろ!」
みたいな感じで命令されてます。

 

もはや完全なる猫の下僕状態です。

 

ラナイ島のあの甘えん坊で
誰でもウエルカムな猫ちゃんたち
のことが、忘れられません。

 

IMG_4913.JPG

(この中がシニア専用エリアです)

 

特に15歳以上の猫が暮らすエリア
にいる猫ちゃんたちは、
何かしら、内臓や筋肉に年齢に伴う
トラブルが出ている子がいます。

どの猫ちゃんたちも猫マッサージや
猫ヒーリングを、すんなりと
受け入れてくれました。

 

IMG_4552.JPG

猫の親養成講座で学んでもらい、
自宅の猫ちゃんで復習をしてもらう
ときに、なかなか触らせてくれない
いくつかのポイントや行うのが
難しい手技があるのですが、

 

シニアエリアの猫ちゃんたちの
多くが、威嚇したり噛みついたり
することなく、触らせてくれる
のには
驚きました。


IMG_4800.JPG

(現地スタッフさんにマッサージの
ミニレクチャー中のマッチー)

 

今回、猫の親養成講座受講生の
2名の生徒さんと一緒に訪問して
ボランティアで施術させていただいた
のですが、

 

3人ではとても時間が足りず、
全部の猫ちゃんたちに施術をして
あげることができなくて、
それが心の残りなのです。

 

本当にいじらしくてかわいかった
ラナイ島のシニア猫ちゃんたち!

 

ぜひ来年は、もっと多くの生徒さん
たちと一緒に訪問して、

猫マッサージと猫ヒーリングを
十分に堪能してもらいたい
思います。