【お客様の声】エイズキャリア猫ちゃんがレスキューケアでどんどん元気になってます


ストレスに弱い猫ちゃんでも、
毎日のケアでどんどん健康になってる
ご報告をいただきました。

 

エイズや白血病キャリアの猫ちゃん、
8歳以上のシニア猫ちゃんや
持病のある猫ちゃんは、

 

受けたストレスが体に影響を
及ぼしやすい
のです。

 

猫はストレスにとても弱い生き物で、
毎日小さなストレスを受け続けています。

 

それはお家の中で飼われている
猫ちゃんも同じです。

 

ストレスを受けたままにしていると、
腸内環境が悪化して、
免疫力が低下し、
体の細胞全体に影響を及ぼします。

 

その日に受けたストレスは、
その日のうちに消し去る
猫のレスキューケア
続けてくださっている飼い主さんから
ご報告をいただきました。

 

愛さんとスカイプ.jpg

愛さんは、エイズキャリアの
ララちゃんの飼い主さんです。

 

猫のお悩み解決個別相談会に
参加してくださったときには、
ララちゃんは、エイズ未発症ですが、
歯茎が腫れる、皮膚をかゆがって引っ掻く、
よだれが
臭う、などの症状がありました。

 

~愛さんからのご報告~

猫の親養成講座を受講してから
毎日、猫のレスキューケアをして
あげる習慣がつきました。

 

ララは、ねこマッサージが大好きで、
ストレスで緊張した筋肉を
軟らかくしてあげることで、
血流が改善されていると感じています。

 

マッサージをしているときには、
とてもリラックスしてくれます。

ララちゃん2.JPG

ねこヒーリングは、お腹に手を当てると
短時間しかじっとしてくれないので、
背中の腎臓のヒーリングを中心にしています。

 

スカイプ補講実習で、
ねこヒーリングのやり方のコツを
指導してもらったので、早速
取り入れようと思います。

 

今は、歯茎もピンク色
になってとてもきれいで、
臭いもありません。

皮膚を引っ掻く症状がなくなって
とても嬉しいです。

 

ララは、現在、とても健康な
毎日を過ごせています。

 

この状態をずっとキープできるように、
猫のレスキューケアで
その日のストレスをその日に
解消してあげたいと思います。

~ここまで~

 

ウィルスキャリアの猫ちゃんは、
免疫力を下がると発症の可能性
が高まります。

 

キャリア猫ちゃん、
シニア猫ちゃん、
持病のある猫ちゃんたちの
免疫力を下げない方法は、
その日に受けたストレスは
その日に解消することです。