どの猫も感染している致死率100%の病気とは?


ほとんどの猫が感染していると言われていて、発症すると治療法がなく致死率100%の病気をご存知ですか?

 

SNSでFIPを発症して亡くなる
猫ちゃんがここのところ目立つので
FIPのことを簡単にまとめてみます。

 

FIPというのは病名
猫伝染性腹膜炎のことです。
予防するワクチンはありません。

 

猫腸コロナウィルス(FECV)
突然変位して、猫伝染性腹膜炎
ウィルス(FIPV)になって
FIPという病気を発症させます。

 

コロナウィルス(FECV)は、
どこにでもいるウィルスで、
飼い猫の50〜90%が感染
している

と言われています。

 

259bc5fbf17727f1752fee60612f05d2_s.jpg

 

が、病原性はほとんどなく、
感染しても軽度な下痢もしくは
無症状のことが多いので、
飼い主さんが気づくことは
難しいでしょう。

 

猫に感染したコロナウィルスは、
体の中に潜んでいて、
何らかのきっかけで猫の免疫力
が下がると、突然変異をして、
FIPが発症します。

 

コロナウィルスに感染した
猫の
10%がFIPを発症する
と言われています。

 

FIPは発症すると治療法がなく
致死率ほぼ100%の恐ろしい
病気です。

 

コロナウィルスは、猫同士で
簡単に感染しますが、
突然変異したFIPウィルスは
猫同士では、感染しない
言われています。

 

ほとんどの猫が感染していると
いう報告もあるコロナウィルス。

発症率10%を、低いと思いますか?

 

10匹のうちの1匹に該当して
しまうと考えると、けっこう
高いリスクだと思いませんか?

 

私は、
うちの猫たちはコロナ
ウィルスに感染しているという
前提で
免疫力を下げない
育て方を実践しています。

 

まろんポートレート.jpg

 

この育て方は、
猫エイズや猫白血病キャリア
の猫ちゃんにも効果がある
思います。

 

免疫力を下げない育て方は
1つではないんです。

 

5つの柱でケアを行ってあげる
と、免疫力の低下を予防する
ことができます。

 

ゴールデンウィーク中に、

個別に飼い主さんのご相談に
乗りながら、
猫の腸内環境改善方法が
無料で学べる勉強会
企画しています。

致死率100%の恐ろしい病気
を予防する方法について、
連休を利用して知識をゲット
しておけば安心ですよね。

 

詳しいことは、今週中にこの
メルマガで発表しますね!