皮膚の弱い猫ちゃんに「薬」を使わずにできるケア


皮膚を痒がって引っ掻いてただれてしまう猫ちゃん。
見ているだけでもかわいそうで辛くなりますね。

 

皮膚にトラブルが出やすい
猫ちゃん、飼い主さんにとって
春先のこの季節は気が抜けま
せんね。

 

保護猫のあんこ先生がうちに来た時
首の周りに500円玉大に、
毛が抜けて、皮膚がただれて大変
だったのです。

 

IMG_5640.JPG

 

環境の変化、
先住猫まろん校長とのストレス
が原因だったと思いますが、

 

もともとちょっと何かあると
すぐに皮膚に出やすかったようです。

 

1回、皮膚を掻くだけで
写真のように皮膚が赤くなって
血もにじんでしまいました。

 

爪で毛を束で抜いてしまう
みたいです。

 

1箇所良くなると、少し場所が
ズレてまた次ができて、首の周りを
一周しそうでした。

 

IMG_5709.JPG

 

対症療法で塗り薬をつけるのも
方法ですが、それではまた次が
できてしまいます。

 

どこかで連鎖を止めてあげたい!


それが飼い主さんの願いだと
思います。

 

どうして皮膚がただれるのか
なぜ皮膚を掻いてしまうのか

 

その原因を飼い主さんが究明
できるようになると

 

予防もできるし、
治りを早くするケアもできる
ようになります。

 

IMG_5719.JPG

 

私が主宰している
猫の親養成講座では、

 

猫ちゃんが体調不良になる原因を
免疫学理論に基づいて考える方法
をお教えしています。

 

講座が終了する頃には、
猫ちゃんやご自身の体調不良の
原因が分析できるようになって
いただけます。

 

うちに来たばかりのあんこ先生の
ひどい皮膚の掻き傷に、私が
どう対処したか、次の機会に
具体的にお話しますね。