猫は犬のように躾はできない?!それは猫に失礼です!


猫にしつけはできないって世間では思われているようですが、
それは猫に失礼ですよね〜。

 

猫の飼い主さんのお困りごと
あるあるのご質問をいくつも
いただきました。

 

猫ちゃんが触らせてくれなくて
ブラッシングができない
爪切りができない
というお悩みが多かったです。

 

動物は、もともと野生の生活で
触られることに気持ち良いと
感じる習慣がありません。

 

なので、体を触られることは
気持ち良いと学習してもらう
必要があります。

 

それには、動物行動学の
「正の強化」を使います。

 

1つのアクションを受け入れると
猫ちゃんにとって良いことが
起きるという条件付けをします。

 

飼い主さんが体を触ると
おやつがもらえる。

体を触られると良いことが
起きると学習する。

 

あんこおもちチュール.JPG

 

動物行動学の正の強化は
ある種のしつけでもあります。

 

猫に躾はできないなんて
そんなことはないんですよ。

 

猫の飼い主さんならお気づき
と思いますが、猫って頭いい
ですよね?

 

生後11ヶ月のおもちは
夜ごはんの後、朝までケージで
寝てもらうために、夜ごはんを
ケージの中で食べさせている
のですが、

 

ごはんの後、ケージから出られ
ないことを学習したおもちは、
ごはんを見ると、手の届かない
高いところに逃げるように
なってしまいました。

 

これは「負の強化」なんですが
「正の強化」を上手に使うと
猫にも躾ができます。

 

体を触らせてくれないから
ブラッシングができない
爪切りができない
猫ちゃんには、

 

体を触らせてくれたら
おやつをあげる
おもちゃで遊んであげる
など、猫ちゃんが大好きな
ご褒美をあげてください。

 

体を触らせてくれるように
なったら、次は、手先に
触らせてくれるように
正の強化をしましょう。

 

まろんチュール.JPG

 

正の強化を上手に使うと
猫ちゃんに芸を教える
こともできるんですよ。

 

明日のメルマガでは
それでも爪切りをさせて
くれない猫ちゃんへの
具体的な対処方法を
アドバイスします。

おうちで爪切りをさせてくれない
猫ちゃんの飼い主さんは
必読です!