飼い猫からもらった感動の出来事


久しぶりにまろん校長にやられました。
猫パンチをもらって手から出血しました。 

 

まろん校長は長毛猫で、お尻と尻尾
のあたりがなんだか臭うので、蒸し
タオルで拭いてあげようとしたんです。

 

そしたら、今まで聞いたこともない
ようなひどい叫び声を出しながら、
めちゃくちゃ抵抗するんです。

 

過去に動物病院で嫌なことが
あって、それ以来お腹を
触られると本気で怒るんですが、
今日は叫び声が
いつもと違っていて本当に
機嫌が悪かったんです。

 

それでも私は、臭いが気になって
なだめながら拭いていたら、
久しぶりに本気のパンチを食らって
親指の付け根から出血。

 

幸い、表皮が剥けた程度だったので
大したことはなかったんですが

 

まろん校長お腹.jpg

(機嫌がいいときはこんな
抱っこもさせてくれるまろん校長)

 

これがどうして感動したお話に
なるのかというと・・・

 

まろん校長と私が格闘している時
に、あまりの叫び声に、何が
あったのかと心配になったのか
あんこ先生がやってきたんです。

 

しばらく様子を見ていた
あんこ先生。

 

まろん校長が私にパンチをするや
否や、あんこ先生が、まろん校長
にパンチをお返ししたんです。

喧嘩.JPG

 

普段、温和なあんこ先生が、
まろん校長に突然パンチをした
ので、私は一瞬、状況が理解
できなかったんです。

 

「えっ、なんでまろんにパンチ
するの?」

 

仲間の猫がいじめられてる
のかと心配になって
様子を見にきたのなら、
私にパンチするのだろうに、

 

あんこ先生には何もしてなかった
まろん校長に向かって
パンチをしたのです。

 

よくよく考えたら、
まろん校長が私に本気パンチを
したから

 

「俺の大事なかぁちゃんに
何するだっ!」

って感じで
あんこ先生が怒ったんだと
思いました。

 

あんこ先生は、私を守ろうとして
咄嗟に、まろん校長に向かって
行ったんだとわかりました。

 

猫に守ってもらった経験は、
長い猫飼い歴の中で
初めてのことでした。

 

なんだかとてもうれしくて
感動してしまいました。

 

おっとりあんこ先生.jpg

(普段はおとなしいあんこ先生)

 

数日前から、下痢ピーになってた
あんこ先生を、1日に何回も
猫ヒーリングして、声がけして
いたから、恩を感じてくれた
のかもしれません。

 

あんこ先生に守ってもらって
すごく感動してしまったので

メルマガ読者の皆さんに
シェアしたくて、今日は
このお話を書きました。

 

猫は、人間よりも魂のレベルが
高いとよく言われます。

 

猫にもちゃんと感情があって、
それを伝えてくれています。

 

私たち飼い主からも猫に
感謝を伝えてあげたいですよね。

 

その方法は、引き続き
メルマガでお伝えしていきますね。